一流の現場塾工務店・建築会社研修ノウハウ

貴社にはこんな問題点ありますよね?

顧客からの紹介が年間契約の10%~20%と少ない

社員一人当たりの年間売上高が4,000万円~5,000万円くらいと、一人当たりの生産性が低い

引渡し時の粗利益率が22%~25%と低い

具体的にはこんなことありませんか?

問題点
1 お客様からの紹介がほとんど無い。
2 お客様は本当に満足しているのだろうか?お客様の評価を知る仕組みがない。
3 競合が激しく儲からない、販売経費が年々増える。
4 他社との差別化を図りたいが方法が解らない。
5 部門から部門への引継ぎルールが無いので、業務未完のまま次工程に進み問題が発生する、 生産性が低下し、利益が流出する。
6 業務をチェックする機能が無い。問題点を解決する仕組みが無いので、 同じ問題を繰り返している。生産性が低下し、利益が流出する。
7 大まかな社内の業務ルールはあるが、守られていない。問題が発生する。
8 業務マニュアルが無いので、人(営業・設計・工事・サービス)によって仕事のやり方が違う、 業務効率が悪い。新しく入った社員や業者の指導ができない。
9 社員1人当たりの生産性が低い。棟数と社員は増えたが儲からない。
10 着工の平準化がされていない、工事集中時期に問題が発生する。
11 引渡し時に粗利益が下がってしまう。
12 利益流出を改善する方法が解らないので同じ問題を毎年繰り返している。
13 自社の施工品質基準が無いので、建物品質にばらつきがある。
14 第三者以外の検査をしていない、検査をした記録もない。
15 顧客からのクレームを再発防止する仕組みが無いので、同じ問題を繰り返している。 利益と労力が流出している。
16 公正な業務評価をする仕組みが無いので、社員に不満があるようだ。
17 幹部社員が成長しない。 プロの社員(営業・設計・工事・サービス)も育たない。 人材育成方法が解らない。 住宅会社のプロとはどんな人材だろうか?
18 問題を認識していても、トップへ意見具申をしない。原因は?
19 業者に、現場環境整備・品質向上・顧客対応などの指導はしているが、思うように改善できない。
20 業者を教育する仕組みや資料がない、教育方法が解らない。

問題を放置すると・・・

同じ問題を繰り返します。利益が流出し、問題解決で労力が損失します。
社員と職人が成長しません。※利益を生むのも、問題を起こすのむ全て人です。人の成長無くして企業の発展無し! 悪いうわさが地域社会に広まり、信用が無くなります。お客様と協力会社からの紹介が無くなります。

問題(損失)を改善する会社は、損失が利益に変わります。
問題(損失)を放置する会社は、衰退しやがて消滅してしまいます。

それでも、このまま問題(損失)を放置するつもりですか?

一流の現場塾なら、
問題(損失)を改善し、利益の出る
儲かる会社に変わります!

経営危機を救った業務改革実例

私が業務改革に取り組んだきっかけ

昭和62年に社員15名でスタートした会社が、平成8年に年間契約300棟、社員120名、 年間完工高80億円の高級注文住宅を扱う会社に急成長しましたが・・・ 平成9年の消費税導入による受注の激減、急成長に伴う問題続出などにより、10億円あった余剰金を3年で使い切ってしまい、平成11年には創業後初めての累積赤字に転落してしまいました。 さらに、社長が病気で倒れてしまい経営危機を乗り超えるには、当時建設部門の責任者であった私自身が泥まみれとなり先頭に立って、業務改革に取り組むしか生き残る方法がなかったのです。

私が実践してきた業務改革実例ご紹介

お客様の声・取引先の声・社員の声を真摯に聞き取り、問題点を明確にした。 長年うっ積した問題点(損失)を片っ端から改善し、年間粗利益を5%アップ(年間粗利益を2億4,000万円増額)、経営危機を脱した。 年間引渡した200人中88%のお客様に満足していただき、不満のお客様がゼロになった。 お客様からの紹介による契約が3倍に増えた。 全社員と業者の業務実績が全て数字で確認できる仕組みを作り、公正な評価を行った。 赤字経営で暗く沈んでいた会社が、やる気ある集団へと変貌をとげた。

講師紹介

本多民治(ほんだたみはる)
建築技術コンサルタント
ISO9001/JRCA登録審査員補
1級建築施工管理技士
茨城県 出身

本多理事長(写真)

初著書

著書:「良い家は現場を見ればわかる!」

経歴

昭和30年生まれ

昭和48年
ゼネコン入社、鉄筋コンクリート造建築の施工管理に携わる。

昭和62年
大手住宅メーカーのフランチャイズに入社、建設部門責任者として従事。
職人不足の中、年間住宅建設300棟・年間工事高80億円の工事体制を構築。

平成9年
経営危機に際し、独自のシステムを構築し経営危機を乗り越える。

平成15年
大手住宅メーカーのフランチャイズを退社 (累積3,000棟の住宅建設に携わった)。
建築技術研修センター設立。

平成24年
中央建設企業経営振興事業協同組合連合会(中建連)に加盟。一般社団法人「日本中小建設業CS経営支援機構」に組織改編。

現在
全国の地域に密着している建築会社の現場改善指導にあたる。


一流の現場塾で学ぶ!経営危機を救う4つの宣言

経営危機を救う4つの宣言についてご紹介します。損はありませんよ。

お客様満足度全国No.1になる!

工事現場・現場監督・業者に関する業務改革

  • ・工事現場における作業基準書(ルール)作成
  • ・お客様、近隣の方、見学者への対応マニュアル作成
  • ・お客様満足度向上研修会の年1回実施 (業者責任者・全職方300人)
  • ・全工事現場パトロール月1回実施(約30棟)、業者ごとの評価と発表 ※社員が汗まみれとなって整理整頓を行ないました。(会社の真剣さを見せる)
  • ・工程会議月2回実施 (社内工程会議1回、主要業者工程会議1回) ※工期遅れによるクレームをなくす、引渡時の未了工事をゼロにする。

(写真)

品質に関するクレームをゼロにする!

品質向上に関する業務改革

  • ・検査基準書作成(基礎配筋・基礎完了・建て方・防水・造作・竣工など280項目)
  • ・品質向上研修実施(基礎・大工・屋根・外壁など)
  • ・雨漏れを防止するための実験棟建設及び防水試験実施し、住宅メーカーのフランチャイズの防水マニュアルの基礎確立、これにより全国の雨漏れが激減しました。
  • ・工程内検査(基礎配筋・基礎完了・建て方・防水・造作・竣工)の完全実施、手直し確認、手直し完了後の支払い徹底
  • ・管理職による引渡し前仕上がり確認を全棟実施し、不具合手直し完了後に引渡しを行なう事を徹底。(管理職1人年間約40棟)

(写真)

赤字経営から脱却する!

社内全体の業務改革

  • ・お客様アンケート関係者ごとの評価(満足度・不満足度)集計、成績発表
  • ・お客様満足度を80%以上にする為に、全社をあげてCS(顧客満足)運動実施お客様と取引先からの紹介獲得運動実施
  • ・社内業務ルール作成・部門ごとの業務精度を向上(営業・設計・工事・アフター)
  • ・利益改善委員会による、流出原価防止策の策定
  • ・品質管理委員会による、クレーム原因究明・再発防止策の策定
  • ・業務実績の数値化と成果主義導入

真の顧客サービスを確立する!

アフターサービスに関する業務改革

  • ・アフターサービスにおけるお客様宅での修理作業基準書作成
  • ・アフターサービスにおけるお客様対応マニュアル作成
  • ・アフターサービス業者ごとの修理完了実績表作成
  • ・アフターサービス業者を対象としたお客様満足度向上研修会年1回実施
  • ・サービスマン教育(建築技術習得・クレーム対応・修理技術向上)
  • ・サービス部門の修理項目減少と修理費用削減させる改善活動実施
  • ・サービス部門の有償工事利益を増額させる為の勉強会実施

(写真)

一流の現場塾に参加すると、
貴社にはこのようなメリットがあります。

一流の現場塾を行う7つメリット

メリット1 お客様満足度向上

  • ・お客様からの紹介による契約を大幅に増やすことができます。 (お客様からの紹介契約が年間契約の30%⇒40%⇒50% 年々増やす)、(お客様からの紹介による契約を3倍に増やした実例あり。)
  • ・競合がなくなり、値引きが抑制されます。販売経費が削減できます。
  • ・地域に良い評判が広がり、口コミで新規のお客様が増えます。
  • ・お客様アンケートの満足の声を、新規顧客獲得に活用できます。 (インターネット ・営業ツール・現場見学会など) 立派なパンフレットよりはるかに効果があります。

関係者全員がお客様に一生懸命対応(サービス)すれば、お客様は喜んでくださり、自然と紹介してくれます。努力の後から利益がどんどんついてきます。未来永劫変ることのない商売の道理です。

メリット2 取引先の教育・業務改善

顧客対応・品質向上などの教育により、一流のプロ集団をつくることができます。 建築コンサルティング実績全国170社以上お客様の声をご覧ください。

業務改善により協力業者が抱えている問題点が解決され、業者がより協力的になります。仕事の75%は協力業者がしていますので、業者の協力無くして会社の発展はありません。 業務実績の数値化により、取引先を公正に評価し頑張った人に報いますので、取引先がやる気をだします。(評価:顧客満足度・現場の環境整備・施工品質・顧客の紹介など)

取引先は貴社に満足すれば、紹介もしてくれるし、貴社の良い評判を広めてくれますので、営業マンが何百人も増えることになります。

メリット3 業務改善

問題(損失)が解決され、無駄がなくなり、生産性が向上し、利益が増えます。また、問題解決により、社員と業者のやる気を引き出すことができます。 誰がやっても同じにできる仕組みができ、生産性が高まります。 社内業務ルールが確立され、部門ごとの業務精度が高まり、生産性が向上します。全部門の業務実績の数値化により、経営が全て計数で管理することができ、経営計画がたてやすくなります。 また、問題点(全て人)も明確になり、業務改善がスピーディーに行えます。(全部門の業務精度・お客様満足・紹介獲得・品質評価・粗利益・生産性など)業務実績の数値化により、社員(営業・設計・工事・サービス)ごとの貢献度が明確になり、公正な実績評価をすることができます。

メリット4 利益改善

流出している利益を改善することにより、粗利益を大幅に増やすことができます。 毎月粗利益の状況(契約時・着工時・引渡し時)が邸名ごとに一目で見渡せますので、月次決算ができ、年度事業計画進歩管理が明確にできます。

メリット5 品質向上

検査基準280項目により、検査ポイントが明確・簡単・確実・効率よく検査ができます。 重大欠陥による莫大な利益流出及び、信用失墜を防止することができます。 他社との差別化ができます。お客様に本物の家作りを教えますと競争相手が去ります!適正な品質管理を新規顧客獲得に活用することができます。信頼性をアピール!(インターネット・展示場・現場見学会・住宅会社選び方セミナー・営業ツール等)

マンション耐震偽装問題で、お客様の最大の関心ごとは信頼できる会社を探すことです。お客様が一番求めているものを、きちんとやる会社は発展します。21世紀は本物を作る会社だけが勝ち残ります。

メリット6 成果主義

業務実績の数値化により、社員を公正に評価できますので、社員は不満が無くなり、やる気のある集団に変わります。成果を上げる方法を社員自らが考えるようになり、社員が成長します。 期末に実績を精査し、成績の低い社員を指導することにより、毎年全体のレベルを上げることができます。この方法は効果抜群です!

社員がやる気をだせば、社長があれこれ言わなくても、自ら考え2倍、3倍の力を発揮します。 問題を起こすのも利益を生み出すのも全て人です。 人が成長すれば会社は発展します。

メリット7 業務システム構築

大手住宅メーカーに引けを取らない、業務システムを確立ができます。ここで構築した業務システムは貴社の財産となり次世代に継承することができ、次世代の人材(社員・業者)育成に活用できます。

これらのことを継続的に、実行・改善することにより、 貴社は永続的に発展します。

良い建築会社かどうかは現場を見れば解る!

お客様の家は現場で作ります。
お客様の家を作っているのは職人です。
建築会社の真価は現場にあります。

カタログは良く見えるように作られています。
営業マンは良いことしか言いません。
しかし現場はウソをつきません。

完成した現場だけでなく工事中の現場見て、その建築会社がどんな家づくりをしているのかを、きちんとご確認下さい。

お客様の一生に一度の家づくりを任せるに値する建築会社かどうか、ご自身の目で現場をしっかり見てご判断下さい。

制作:Aホーム株式会社
監修:日本中小建設業CS経営支援機構


一流の現場塾の現場環境改善(この写真は、ほんの一例です。)

Aホーム株式会社の現場
現場が綺麗な会社は良い仕事をします。

玄関土間をシートで養生して汚さない。 泥落しマット設置、玄関に泥ホコリが無い。 玄関を綺麗にしてお客様をお迎えする。

室内の整理整頓・清掃・養生良し。室内にチリ埃が全く無い、空気がきれい。建物に傷が付かない。お客様の大切な建物を丁寧に作っている。

敷地内の整理整頓良し、材料養生良し。 お客様の大切な材料を大切に扱っている。

日本中小建設業CS経営支援機構写真提供
現場が汚い会社は仕事が雑です。

玄関土間養生無し、泥で汚れている。
玄関の清掃ができていない。

材料・工具が雑然と置かれている。
清掃ができていない、空気が汚い。
雑然としているので建物に傷が付く。

敷地内の整理整頓が悪い。
材木が雨で濡れてしまう。

一流の現場塾の品質管理改善(この写真は、ほんの一例です。)

Aホーム株式会社の現場

正しい施工:土間コンクリートのひび割れ防止をするためシートで養生している。夏場は乾燥を防ぐため散水する。丁寧な施工をしている。

正しい施工:アンカーボルトの精度が極めて良い。(基礎芯からのズレ3mm以内)

正しい施工:下家と外壁の取り合い部に先張り防水シートが施工されている。丁寧な施工

日本中小建設業CS経営支援機構写真提供

施工不良:上棟時に土間コンクリートに大きなひび割れが発生している。原因:タンピング・コテ押さえ不足、養生不足

施工不良:アンカーボルトが芯ずれし曲がっている。地震時に破壊してしまう。

施工不良:下家と外壁の取り合い部に先張り防水シートが無い、数年後に雨漏れする。

Aホーム株式会社の現場

正しい施工:サッシ下に先張り防水シートを施工している。丁寧な施工。

正しい施工:壁上部の防水紙を折り返しています。母屋廻りの防水紙にテープを貼っています。

正しい施工:バルコニー腰壁天端に厚手の防水シートが施工されている。丁寧な施工

日本中小建設業CS経営支援機構写真提供

施工不良:サッシ下に先張り防水シートが施工されていない、タイペックシートの重なりが無い、数年後に雨漏れする。

施工不良:外壁部より雨漏れし外壁合板が腐ってしまった。(修理費用何百万円、信用失墜)

施工不良:バルコニー天端笠木より雨漏れ、構造躯体が腐ってしまった。

Aホームの現場は赤ちゃんがハイハイできます!

大工塾